「この世界の片隅に」

「この世界の片隅に」 

監督:片渕須直   声の出演:のん 


1944年広島。おっとりした性格で絵が得意な女の子すずは、19歳にして嫁ぐこととなる。それから主婦として奮闘する毎日だが、戦争が始まり、日本海軍の拠点である呉は激しい空襲にさらされることに。 


ひとことで言うと素晴らしい映画だった。 

映画会社、テレビ局、大手広告代理店が一切絡んでおらず、制作費をクラウド・ファンディングで募ったというこの映画。監督さんとスタッフ・キャストからクラウド・ファンディング支援者までみんなが同じ方向を向いて作られたことが伝わってくる。 


丁寧な丁寧な人物描写と日常の描写と抑えた演出は、アニメであることを忘れるほどリアリティに満ちていて、だからこそ苦しく怖く、でも優しさと温かさに満ちている。 この映画を観たすべての人は、あの時代、あの場所、呉市で起きたこと、主人公すずに寄り添い、ともに体験した気持ちになると思う。 それほど、絵、脚本、演出、音楽、演技、あらゆるものが非常に高いレベルでバランスがとれている証拠ではないだろうか。 大手メディアが関わらないからこそ実現したのんちゃんの声優起用。これが素晴らしく主人公すずにマッチしており世界観をより確固たるものに昇華させていると思う。 


戦争という悲しい現実を突きつけられるのに、こんなにも生きる喜びに満ちた映画は他にないだろう。 長きに渡って語り続けられる作品になるはず。


満足度★★★★★(5.0)

Kawamoto Sunrise

川本達也のサイトです。コツコツ自主制作映画など制作していきます。

0コメント

  • 1000 / 1000