「何者」

今をときめく若手俳優がずらり名を連ねた、就活をテーマにした映画。基本的にこの手の映画はスルーするはず...が、観てしまったのは、朝井リョウ原作だから。 

原作は未読だが、どうせ若者向け青春映画だと思ってスルーしていた同じく朝井リョウ原作の「桐島、部活やめるってよ」がびっくりするほど面白かったので。 


就職活動中の主人公、佐藤健と友人の菅田将暉、菅田将暉の元カノの有村架純、その友人二階堂ふみと彼氏の岡田将生ら5人、就職活動を勝ち抜くため集まり、情報を共有するようになる。普段の友人関係では見えなかった、就職活動をすすめるうちに徐々にあぶり出されてくる本音と建前、葛藤、見栄、羨望、嫉妬。 

そこにあるのは、就活やSNSといったモチーフでありながら、あらゆる世代の人に共通するテーマ。気分のいい内容ではないが、観た人はたとえ就活生でなくても他人事とは思えないだろう。普段の自分自身の気持ちの持ちよう、人としての在り方まで考えさせられる。 


そして主人公の対比として1人の人物がいる。体裁を考えず夢にむかって突き進む演劇部の元同志、烏丸ギンジ。「桐島、部活やめるってよ」の桐島同様、烏丸ギンジは劇中姿を現さない。これもまた上手い。 

原作も読んでみたい。 


満足度★★★☆☆(3.5)

Kawamoto Sunrise

川本達也のサイトです。コツコツ自主制作映画など制作していきます。

0コメント

  • 1000 / 1000