「永い言い訳」

「永い言い訳」 

脚本・監督:西川美和 

出演:本木雅弘、竹原ピストル、深津絵里、池松壮亮、黒木華 


西川美和監督の「ゆれる」は大好きな映画だ。女性でありながら、何故こうも長男と次男の関係性を細かく描写できるのだろうと正直驚いた。 それほどのインパクトはないにしても、この「永い言い訳」も2人のダメ男の心の機微を描いた素晴らしい映画だった。 


妻を事故で亡くした人気作家の幸夫(本木雅弘)は、葬儀の際に演技でしか悲しむことができない。それくらい夫婦仲は冷え切っていたし、事故の当日も彼は不倫していた。 妻(深津絵里)は、友人と共にスキーへと向かうバスで事故にあったが、その友人の夫でトラック運転手の陽一は悲しみに憔悴しきっていた。 幸夫は陽一と連絡をとるようになり、残された2人の子供の面倒を見るようになるが・・・ 


映画のメインコピーである「妻が死んだ。これっぽっちも泣けなかった。そこから愛しはじめた。」は少々ミスリードを誘うコピーのようだ。実際、冷め切った関係の妻を再び愛しはじめることはないだろう。 しかし、今まで接する経験することのなかった子供たちの面倒を見ることで、初めて無償の愛の存在を感じたのだと思う。しかし現実はそう甘くなく、それで彼の今までの行為が償われるわけでもなく、新しい幸せの形がそこにあるわけでもない。 包み込むような優しさと突き放すような現実。それでも感じはじめる希望。とても良い余韻に浸れる映画だった。 


この映画で一番印象的だったことが、子供たちの自然な演技。もしかしたら演技ではないのかも?とも思う。是枝監督の息のかかった監督さんだからか?

もうひとつ、冒頭にしか登場しない妻役の深津絵里。この冒頭での夫婦のやり取りがとにかく素晴らしく、これによって最後まで妻の存在感を感じ続けた。 演技力と演出力が相まってのものなのだろうと思う。すごい! 


 満足度★★★★☆(4.0)

Kawamoto Sunrise

川本達也のサイトです。コツコツ自主制作映画など制作していきます。

0コメント

  • 1000 / 1000